本来、ビジネスマンは自分の専門分野で講師が務められることが最低限のスキルと言えます。

「1時間話をしてほしい」と言われたときに、テーマを確認して即答できることが基本です。

たとえば、営業マンであれば「営業のコツ」「戦略」「情報編集など、ある絞り込んだテーマで十分なので、

というよりも、むしろ絞り込んだテーマの方が意味があるのですが。。。

話し慣れない人は、知識や経験があっても「よもやま話」になるのが一般的です。

ちょうど、専門的な知識をいっぱい持っているのに、

なぜか?専門店主のブログが「猫が舞い込んだ」という情報が中心になってしまうことと同じです。

また、「良い商品が入荷しました。立ち寄ってください」という文章です。

これが、プロが書くと、導入部分から少し違います。読んだ人が、立ち寄りたくなる文章になるのです。

そんなノウハウを身につけて、1時間の講義ができるようにスキルや知識を再編集するのが「講師養成プロジェクト」です。こちらのサイトで本格的に運用します。